List of Presentations

International Conferences

  1. H. Notsu. A Lagrange-Galerkin scheme for a diffusive Oldroyd-B viscoelastic fluid. Second Joint Workshop of China-Japan-Korea A3 Foresight Program, November 27, 2015, Xiamen University, China.
  2. H. Notsu and M. Tabata. Error estimates of a stabilized Lagrange-Galerkin scheme for an Oseen-type diffusive Peterlin model. International Conference CoMFoS15: Mathematical Analysis of Continuum Mechanics and Industrial Applications, November 18, 2015, Kyushu University, Fukuoka.
  3. H. Notsu. Error estimates of Lagrange-Galerkin schemes for flow problems. International Workshop on the Multi-Phase Flow; Analysis, Modeling and Numerics, November 11, 2015, Waseda University, Tokyo.
  4. H. Notsu and M. Tabata. Convergence analysis of stable and stabilized Lagrange-Galerkin schemes for natural convection problems. Joint International Conference and Autumn School 2015, October 7, 2015, Darmstadt, Germany.
  5. H. Notsu. A stabilized Lagrange-Galerkin scheme for the Navier-Stokes equations and its computation. The 12th Hirschegg Workshop on Conservation Laws, September 17, 2015, Hirschegg, Austria.
  6. H. Notsu and M. Tabata. Error estimates of stabilized Galerkin-characteristics finite element schemes for incompressible flow problems. The 18th International Conference on Finite Elements in Flow Problems (FEF2015), March 17, 2015, Taipei, Taiwan.
  7. H. Notsu. Error estimates of Lagrange-Galerkin finite element schemes for natural convection problems. The 11th Japanese-German International Workshop on Mathematical Fluid Dynamics, March 12, 2015, Waseda University, Tokyo, Japan.
  8. H. Notsu. Error estimates of stabilized Lagrange-Galerkin finite element schemes for flow problems. 2015 A3 joint Workshop on Fluid Dynamics and Material Science, February 13, 2015, Peking University, Beijing, China.
  9. H. Notsu. A stabilized Galerkin-characteristics finite element scheme for the Navier-Stokes equations and its applications. Workshop: Numerical Methods and Analysis for Structures and Singularities in Fluids, December 9, 2014, Nagoya University, Nagoya, Japan.
  10. H. Notsu. A stabilized Galerkin-characteristics finite element scheme for the Navier-Stokes equations: theory, computations and applications. International Conference on Mathematical Fluid Dynamics, Present and Future, November 14, 2014, Waseda University, Tokyo, Japan.
  11. H. Notsu and M. Tabata. Stabilized Galerkin-characteristics finite element schemes for flow problems. The Ninth International Conference on Engineering Computational Technology (ECT 2014), September 5, 2014, Royal Continental Hotel, Naples, Italy.
  12. H. Notsu. A stabilized characteristics finite element scheme for three-dimensional flow problems. The Fifth China-Japan-Korea Conference on Numerical Mathematics, August 27, 2014. Ningxia University, Yinchuan, China.
  13. H. Notsu and M. Tabata. Error estimates of a stabilized characteristics finite element scheme for the Navier-Stokes equations . International Congress of Mathematicians (ICM 2014), August 19, 2014. Coex, Seoul, Korea.
  14. H. Notsu. Development of a stabilized characteristics finite element scheme for the Navier-Stokes equations in a time-dependent domain. Advances in Computational Fluid-Structure Interaction and Flow Simulation (AFSI 2014), March 19, 2014. Waseda University, Tokyo, Japan.
  15. H. Notsu. A stabilized characteristics finite element scheme for the Navier-Stokes equations -theory and computations. IRTG 1529 seminar, February 4, 2014. Technical University Darmstadt, Darmstadt, Germany.
  16. H. Notsu. P1/P1-stabilized characteristics finite element schemes for flow problems. Winter Seminar and Klausurtagung "Fluids and Snow", January 27, 2014. Chalet Giersch, La Clusaz, France.
  17. H. Notsu. Development of a pressure-stabilized characteristics finite element scheme for flow problems with moving domains. 5th Asia Pacific Congress on Computational Mechanics & 4th International Symposium on Computational Mechanics (APCOM2013), December 11, 2013. InterContinental Hotel, Singapore.
  18. H. Notsu, H. Rui and M. Tabata. Discrete L2 analysis of characteristics finite difference schemes of second order in time for convection-diffusion problems. Advances in Computational Mechanics, February 26, 2013. Omni San Diego Hotel, San Diego, California, USA.
  19. H. Notsu. Characteristics finite element and difference schemes for flow problems. Workshop on Modeling, optimization and simulation of complex fluid flow, June 21, 2012. Technical University Darmstadt, Darmstadt, Germany.
  20. H. Notsu. Analysis of characteristics finite difference schemes for convection-diffusion problems. The 5th Japanese-German International Workshop on Mathematical Fluid Dynamics, June 11, 2012. Waseda University, Tokyo, Japan.
  21. H. Notsu. Pressure-stabilized characteristics finite element schemes for flow problems and their two and three dimensional computations. ESF-JSPS Frontier Science Conference Series for Young Researchers, Mathematics for Innovation: Large and Complex Systems, March 1, 2012. The Four Seasons Hotel Tokyo at Chinzan-so, Tokyo, Japan.
  22. H. Notsu. Numerical computations by schemes based on the method of characteristics. Mini-Workshop on Fluid Dynamics, January 31, 2012. Technical University Darmstadt, Darmstadt, Germany.
  23. H. Notsu, H. Rui and M. Tabata. A discrete L2 analysis of a characteristics finite difference scheme of second order in time for convection-diffusion problems. International Conference on Numerical Analysis and Optimization -Theory and Applications (NAOTA2011), December 19, 2011. King Fahd University of Petroleum and Minerals, Dhahran, Kingdom of Saudi Arabia.
  24. H. Notsu and M. Tabata. A pressure-stabilized characteristics finite element scheme for the Navier-Stokes equations and its application to a thermal convection problem. SIAM Conference on Analysis of Partial Differential Equations, November 14, 2011. San Diego Marriott Mission Valley, San Diego, California, USA.
  25. H. Notsu and M. Kimura. A spring-block system based on the P1-finite element method and an application to crack propagation modeling. CoMFoS11 (Continuum Mechanics Focusing on Singularity 2011), October 9, 2011. Hiroshima Kokusai Gakuin University, Hiroshima.
  26. H. Notsu, M. Yamaguchi and D. Ueyama. A mesh generator using a self-replicating system. The 7th East Asia SIAM Conference, June 29, 2011. Waseda University, Kitakyushu.
  27. H. Notsu. Characteristics finite element and difference schemes for flow problems. The 2nd Japan-Taiwan joint workshop, February 26, 2011. Meiji University, Kawasaki.
  28. H. Notsu. An application of the characteristics finite element method to a thermal convection problem with the infinite Prandtl number. Far-From-Equilibrium-Dynamics, January 6, 2011. Kyoto University, Kyoto.
  29. H. Notsu. A pressure-stabilized characteristics finite element scheme for the Navier-Stokes equations, Czech-Japanese Seminar in Applied Mathematics. September 2, Czech Technical University in Prague, Telč, Czech Republic.
  30. H. Notsu and M. Tabata. A pressure-stabilized characteristic-curve finite element scheme for the Navier-Stokes equations. 15th International Conference on Finite Elements in Flow Problems (FEF09), April 3, 2009. Chuo University, Tokyo.
  31. H. Notsu and M. Tabata. On the influence of rounding errors of the CG method in indefinite problems. International Kyoto-Forum on Krylov Subspace method, September 11, 2008. Kyoto University, Kyoto.
  32. H. Notsu and M. Tabata. Characteristic finite element schemes of second order in time increment for the Navier-Stokes equations. International Conference on Recent Developments of Numerical Schemes for Flow Problems (INSF2007), June 29, 2007. Kyushu University, Fukuoka.

Others (mainly in Japanese)

  1. 二井滉太, 野津裕史. アダプティブ Lagrange-Galerkin スキームの開発. 第22回計算工学講演会, 2017年6月1日, ソニックシティ, 大宮. (student)
  2. 山本大輝, 木村正人, 田中良巳,野津裕史. Maxwell 粘弾性モデルの数値解析. 第22回計算工学講演会, 2017年5月31日, ソニックシティ, 大宮. (student)
  3. H. Notsu.Numerical analysis of viscoelastic fluid models. 東京大学数値解析セミナー,2017年6月13日,東京大学大学院数理科学研究科,東京.
  4. 野津裕史.Oseen 型 Peterlin 粘弾性流体モデルのための線形 Lagrange-Galerkin スキーム.研究集会「数値解析の理論と実践」,2017年3月22日,石川県政記念 しいのき迎賓館,金沢.
  5. H. Notsu. Computation and numerical analysis of viscous and viscoelastic fluid flows. Workshop on Numerical Methods and Analysis for Structures and Singularities in Fluids II, January 30, 2017. Nagoya University, Nagoya.
  6. 野津裕史.流体粒子の軌跡を利用した数値解法とその数値解析.第3回金沢・山口数学合同研究集会:幾何学とその諸分野への応用,2016年12月18日,金沢大学,金沢.
  7. 後藤典子,野津裕史.セマフォリンシグナルによるがん幹細胞の対称性分裂の制御.金沢大学先魁プロジェクト「幹細胞とがんの数理生物学」シンポジウム,2016年11月24日,金沢大学,金沢.
  8. 野津裕史.現象のモデリングとシミュレーション:流体を例に.スパコン産学連携利用・人材育成セミナー in 北陸,2016年11月21日,北陸先端科学技術大学院大学,金沢.
  9. 野津裕史,田端正久,M. Lukacova,H. Mizerova.Oseen 型拡散 Peterlin モデルのための安定化 Lagrange-Galerkin スキームの誤差評価.第21回計算工学講演会,2016年6月2日,新潟コンベンションセンター,新潟.
  10. 野津裕史,田端正久,M. Lukacova,H. Mizerova.Oseen 型拡散 Peterlin モデルのための安定化 Lagrange-Galerkin スキームの誤差評価.日本数学会,2016年3月19日,筑波大学,つくば.
  11. H. Notsu. Linear and nonlinear schemes for an Oseen-type diffusive Peterlin model. The 4th Workshop on Mathematical Analysis for Nonlinear Phenomena, Feb. 13, 2016. Kanazawa University, Kanazawa.
  12. 野津裕史. ポリマー流体のための数値計算スキームについて. RIMS 研究集会: 現象解明に向けた数値解析学の新展開,2015年11月19日,京都大学,京都.
  13. 野津裕史. Numerical analysis of Lagrange-Galerkin methods. 東北大学 応用数学セミナー,2015年6月11日,東北大学,仙台.
  14. 野津裕史,田端正久.自然対流問題のための Galerkin 特性曲線有限要素法の誤差評価.日本数学会,2015年3月24日,明治大学,東京.
  15. 野津裕史.安定化 Lagrange-Galerkin スキームによる流れ問題の数値計算.北海道大学 Mathematical Modeling 倶楽部 (HMMC) セミナー,2015年3月20日,北海道大学,札幌.
  16. 野津裕史,田端正久.自然対流問題のための安定化 Galerkin 特性曲線有限要素スキームの誤差評価.2014年度応用数学合同研究集会,2014年12月20日,龍谷大学,大津.
  17. 野津裕史.Navier-Stokes 方程式のための ALE 安定化特性曲線有限要素スキームの開発.研究集会「CoMFoS14(特異性を持つ連続体力学2014)」,2014年10月12日,京都大学,京都.
  18. 野津裕史.領域変形を伴う流れ問題のための 特性曲線有限要素法の開発.研究集会「第3回岐阜数理科学研究会」,2014年9月9日,高山市,岐阜.
  19. 野津裕史.流体粒子の軌跡と流れの計算法.ロバスト幾何計算連続講演会 2014年度第4回講演会,2014年7月2日,明治大学先端数理科学研究科,東京.
  20. 野津裕史,田端正久.Navier-Stokes 方程式のための安定化 特性曲線有限要素スキームの安定性と収束性.第19回計算工学講演会,2014年6月12日,広島国際会議場,広島.
  21. 野津裕史.ながれのシミュレーションと数学.早稲田大学高等研究所 Top Runners’ Lecture Collection of Science 第10回「流体と幾何学」,2014年3月10日,早稲田大学,東京.
  22. 野津裕史,田端正久.Navier-Stokes 方程式のための安定化特性曲線有限要素スキームの理論とその3次元計算.第27回数値流体力学シンポジウム,2013年12月19日,名古屋大学,名古屋.
  23. 野津裕史.3次元流れ問題のための特性曲線有限要素スキームの理論と実践.SMARTセミナー,2013年11月15日,東北大学,仙台.
  24. 野津裕史.安定化特性曲線有限要素スキームの数値解析と流れの線形安定性解析への応用 .早稲田大学 流体数学セミナー,2013年10月18日,早稲田大学,東京.
  25. 野津裕史,田端正久.圧力安定化特性曲線有限要素スキームの解析とシミュレーション.RIMS 研究集会「応用数理と計算科学における理論と応用の融合」,2013年10月17日,京都大学,京都.
  26. H. Notsu, M. Tabata. Error estimates of pressure-stabilized characteristics finite element schemes for flow problems. CoMFoS13 (Continuum Mechanics Focusing on Singularities 2013), Oct. 12, 2013. Kanazawa University, Kanazawa.
  27. 野津裕史,田端正久.Navier-Stokes 方程式のための 圧力安定化特性曲線有限要素スキーム の誤差評価と数値計算.日本数学会2013年度秋期総合分科会,2013年9月27日,愛媛大学,松山.
  28. 野津裕史,田端正久.Navier-Stokes 方程式のための圧力安定化特性曲線有限要素スキームの誤差評価.日本応用数理学会2013年度年会,2013年9月11日,アクロス福岡,福岡.
  29. 野津裕史.圧力安定化特性曲線有限要素スキームの誤差評価 -時間刻み幅に対する条件-.ワークショップ:有限体積法の数学的基盤理論の確立 III,2013年8月2日,愛媛大学,松山.
  30. 野津裕史,田端正久.特性曲線有限差分法の離散 L2 理論と数値計算.第18回計算工学講演会,2013年6月21日,東京大学生産技術研究所,東京.
  31. 野津裕史,田端正久.Oseen 方程式のための圧力安定化特性曲線有限要素スキームの安定性と収束性.第18回計算工学講演会,2013年6月19日,東京大学生産技術研究所,東京.
  32. 野津裕史. 特性曲線法に基づく 流体数値計算スキーム. ロバスト幾何計算連続講演会 2013年度第1回講演会,2013年5月8日,明治大学先端数理科学研究科,東京.
  33. 野津裕史. 流れ問題のための圧力安定化特性曲線有限要素スキーム. 東京大学数値解析セミナー,2013年4月23日,東京大学大学院数理科学研究科,東京.
  34. H. Notsu. Error estimates of a pressure-stabilized characteristics finite element scheme for the Oseen equations. RIMS Workshop: Mathematical Analysis of Incompressible Flow, Feb. 6, 2013. RIMS, Kyoto university, Kyoto.
  35. 野津裕史.流れ問題のための特性曲線有限要素および有限差分スキーム.芝浦工業大学数理談話会,2013年1月21日.芝浦工業大学,さいたま.
  36. 野津裕史,H. Rui,田端正久.特性曲線差分スキームと離散L2理論(Finite difference schemes based on characteristics and discrete L2-theory).第26回数値流体力学シンポジウム,2012年12月19日.国立オリンピック記念青少年総合センター,東京.
  37. 野津裕史,田端正久.Oseen 方程式のための圧力安定化特性曲線有限要素スキームの誤差評価.日本数学会2012年度秋期総合分科会,2012年9月21日.九州大学,福岡.
  38. 野津裕史,田端正久.格子点関数の非格子点での差分近似.日本数学会2012年度年会,2012年3月29日.東京理科大学,新宿.
  39. H. Notsu. A development of a self-replicating mesh generator. CREST Workshop: Recent Developments of Mesh Generation and Biofluids, March 19, 2012. The University of Tokyo, Tokyo, Japan.
  40. 野津裕史.特性曲線有限差分法の離散 L2 理論 -非格子点での差分近似-.非線形現象の数値シミュレーションと解析2012,2012年3月8日.北海道大学,札幌.
  41. 野津裕史.特性曲線法に基づくスキームによる流体計算.愛媛大学談話会,2012年1月18日.愛媛大学,愛媛.
  42. 野津裕史.特性曲線有限差分法の離散 L2 理論-時空間曲線に沿ったクランク・ニコルソン法-.富山大学談話会,2011年12月8日.富山大学,富山.
  43. 野津裕史,田端正久.特性曲線有限差分法の離散 L2 理論. RIMS 研究集会, 2011年10月27日,京都大学,京都.
  44. 野津裕史.特性曲線法に基づく数値計算スキームとその実践・応用. 日本数学会2011年度秋季総合分科会,2011年10月1日,信州大学,松本.
  45. 野津裕史,田端正久.離散 L2 評価と特性曲線法. 日本応用数理学会2011年度年会,2011年9月16日,同志社大学,京都.
  46. 野津裕史.特性曲線法による流れ問題の数値計算と その解析. 若手による流体セミナー,2011年9月4日,富山大学,富山.
  47. 野津裕史.特性曲線差分法の離散 L2 解析. ワークショップ有限体積法の数学的基盤理論の確立I,2011年8月5日,富山大学,富山.
  48. 野津裕史.特性曲線法に基づく数値計算スキームと数値解析. 早稲田大学高等研究所 月例研究会,2011年7月8日,早稲田大学,新宿.
  49. H. Notsu.Numerical schemes for flow problems based on the method of characteristics. Kyoto University RIMS Workshop,July 7, 2011,Kyoto University, Kyoto.
  50. 野津裕史.特性曲線法の L2 評価 -有限要素および差分スキーム-. 京都大学 GCOE tea time seminar, 2011年7月5日,京都大学,京都.
  51. 野津裕史,田端正久.Navier-Stokes方程式のための時間2次精度 圧力安定化特性曲線有限要素スキーム. 計算工学会,2011年5月27日,東京大学,柏.
  52. 野津裕史,田端正久.圧力安定化特性曲線有限要素スキームによる 熱対流問題の数値シミュレーション. 計算工学会,2011年5月25日,東京大学,柏.
  53. 野津裕史,田端正久.離散 L2 評価 −特性曲線差分法への応用−. 日本数学会,2011年3月22日,早稲田大学,新宿.
  54. 野津裕史,田端正久.L2 評価と離散 L2 評価. 日本応用数理学会研究部会連合発表会,2011年3月7日,電気通信大学,調布.
  55. 野津裕史.特性曲線法による流れ問題の数値シミュレーション. 北陸M倶楽部セミナー,2011年3月4日,金沢大学,金沢.
  56. 野津裕史.自己組織化機構を利用したメッシュ生成手法の開発. ワークショップ「連続体力学の現象と数理」,2011年2月23日,九州大学西新プラザ,福岡.
  57. 野津裕史.無限Prandtl数熱対流問題への特性曲線有限要素法の適用. 第14回環瀬戸内応用数理研究部会シンポジウム,2011年1月22日岡山理科大学,岡山.
  58. 野津裕史.高品質特性曲線有限要素法の開発. 明治大学第8回現象数理若手シンポジウム,2011年1月13日,明治大学,川崎.
  59. 野津裕史.特性曲線有限要素法の応用. 2010年度応用数学合同研究集会,2010年12月18日,龍谷大学,大津.
  60. 野津裕史.特性曲線有限要素法の実践. 九州大学数値解析セミナー,2010年11月16日,九州大学,福岡.
  61. 野津裕史.流れ問題のための時間高次精度特性曲線有限要素/差分スキーム. 早稲田大学談話会,2010年9月28日,早稲田大学,東京.
  62. 野津裕史,山口将大,上山大信.自己組織化機構を利用したメッシュ生成手法の開発. 日本応用数理学会2010年会,2010年9月7日,明治大学,東京.
  63. 野津裕史, R. Miresmaeili, N. Saintier, J.-M. Olive, 金山寛.材料内の一方向連成結晶塑性-水素拡散シミュレーション. 第59回理論応用力学講演会,2010年6月10日,東京学術会議,東京.
  64. H. Notsu.Characteristics Finite Element Schemes for Flow Problems. Seminar on mathematical sciences based on Mathematical models, Analysis and Simulation, April 13, 2010,Meiji University, Kawasaki.
  65. 野津裕史.材料内の水素拡散問題への特性曲線有限要素法の適用. 研究集会「数値シミュレーションの理論と実践」,2010年2月17日,九州大学西新プラザ,福岡.
  66. 野津裕史, R. Miresmaeili, 中川拓也, J.-M. Olive, 荻野正雄,金山寛. 材料内の水素拡散問題に現れる制約付き最小化問題の解法について. 加速法ワークショップ,2009年11月27日,東京女子大学,東京.
  67. 野津裕史.特性曲線有限要素法と材料内の水素拡散問題. 研究集会「数値解析の現状と展望」 -九州大学数値解析セミナーとその協力者からの発信-, 2009年11月21日. 公立はこだて未来大学, 函館.
  68. 野津裕史, 荻野正雄, 金山寛. 繰り返し荷重下における材料内の水素拡散問題の有限要素解析. 日本機械学会, 2009年10月10日, 金沢大学, 金沢.
  69. 野津裕史, 田端正久, R. Miresmaeili, N. Saintier, J.-M. Olive, 金山寛. 保存型特性曲線有限要素法を用いた多結晶金属内の水素拡散解析.日本応用数理学会年会,2009年9月28日, 大阪大学, 豊中.
  70. 野津裕史, R. Miresmaeili, N. Saintier, J.-M. Olive, 金山寛. 応力誘起マルテンサイト層を含むオーステナイト系ステンレス鋼内の水素拡散有限要素解析. 産業技術数理研究センター第7回ワークショップ「水素利用社会の実現に向けた数値解析からの貢献」,2009年9月3日, 九州大学, 福岡.
  71. 野津裕史, 田端正久, R. Miresmaeili, N. Saintier, J.-M. Olive, 金山寛. 流れ問題のための特性曲線有限要素スキームと材料内の水素拡散問題への応用. 北海道大学偏微分方程式セミナー, 2009年7月6日, 北海道大学, 札幌.
  72. 野津裕史, 田端正久, R. Miresmaeili, N. Saintier, J.-M. Olive, 金山寛. 流れ問題のための特性曲線有限要素スキームとその応用. 京都大学数理解析研究所応用解析セミナー, 2009年6月23日, 京都大学, 京都.
  73. 野津裕史, 田端正久. 圧力安定化特性曲線有限要素法によるキャビティ流れの数値計算. 日本数学会, 2009年3月29日, 東京大学, 東京.
  74. 野津裕史, 田端正久. 時間1, 2次精度の圧力安定化・特性曲線法結合有限要素スキームによる2, 3次元非定常Navier-Stokes方程式の数値計算. 先駆的科学計算に関するフォーラム2009, 2009年2月6日, 九州大学, 福岡.
  75. 野津裕史, 田端正久. P1/P1要素を用いた特性曲線有限要素スキームによるNavier-Stokes方程式の3次元計算. 数値流体力学シンポジウム, 2008年12月18日, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 東京.
  76. 野津裕史, 田端正久. Navier-Stokes 方程式のための一段時間2次精度圧力安定化特性曲線有限要素スキームの開発. 応用数学合同研究集会, 2008年12月15日, 龍谷大学, 大津.
  77. 野津裕史, 田端正久. Navier-Stokes 方程式のための圧力安定化特性曲線有限要素スキームの一段時間2次精度化. 研究集会「流れ問題のための高品質数値解法と計算機援用解析学」, 2008年11月18日, KKRホテル金沢, 金沢.
  78. 野津裕史, 田端正久. 圧力安定化特性曲線有限要素法, RIMS研究集会「数値解析における理論・手法・応用」. 2008年11月13日, 京都大学, 京都.
  79. 野津裕史, 上田裕喜, 田端正久. ヘルムホルツ・ストークス方程式に対する反復法の丸め誤差の影響について. 日本数学会, 2008年9月27日, 東京工業大学, 東京.
  80. 野津裕史, 田端正久. Navier-Stokes方程式のための圧力安定化・特性曲線法結合有限要素スキーム. 九州大学数値解析セミナー, 2008年6月24日, 九州大学, 福岡.
  81. 野津裕史, 田端正久. 特性曲線安定化有限要素法によるNavier-Stokes方程式の数値計算におけるOpenMPの利用. 先駆的科学計算に関するフォーラム2008, 2008年4月25日, 九州大学, 福岡.
  82. 野津裕史, 田端正久. Navier-Stokes方程式のためのP1/P1要素を用いた1次精度特性曲線安定化有限要素スキームとその数値計算. 応用数理学会研究部会連合発表会, 2008年3月8日, 首都大学東京, 八王子.
  83. 野津裕史, 田端正久. 特性曲線法と安定化有限要素法. 研究集会「流れ問題のための高品質数値解法と精度保証計算」, 2007年11月20日, 島根県民会館, 松江.
  84. 野津裕史, 田端正久. 時間刻み2次精度特性曲線有限要素スキーム -1段法と2段法の比較-, 日本応用数理学会年会, 2007年9月17日, 北海道大学, 札幌.
  85. 野津裕史, 田端正久. Navier-Stokes方程式のための時間刻み2次精度特性曲線有限要素スキームの安定性の考察 -圧力項の3つの離散化方法について-. 計算工学講演会, 2007年5月23日, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 東京.
  86. 野津裕史, 田端正久. Navier-Stokes方程式のための時間刻み2次精度特性曲線有限要素スキームの安定性の原理. 日本数学会, 2007年3月30日, 埼玉大学, さいたま.
  87. 野津裕史, 田端正久. Navier-Stokes方程式のための時間刻み2次精度特性曲線有限要素スキーム -圧力項の離散化について-. RIMS 研究集会「解析学における問題の計算機による解法」, 2007年3月27日, 京都大学, 京都.
  88. 野津裕史, 田端正久. Navier-Stokes方程式のための時間刻み2次精度特性曲線有限要素法について. 応用数学合同研究集会, 2006年12月22日, 龍谷大学, 大津.
  89. 野津裕史, 田端正久. Navier-Stokes方程式のための2次精度特性曲線有限要素スキームとその数値計算. 数値流体力学シンポジウム, 2006年12月19日, 名古屋大学, 名古屋.
  90. H. Notsu and M. Tabata. On the stability of a second order characteristic finite element scheme for the Navier-Stokes equations. RIMS Workshop, Applied Mathematics for Large Scale Numerical Simulations, November 28, 2006, Kyoto University, Kyoto.
  91. 野津裕史, 田端正久. 時間刻み2次精度特性有限要素法によるNavier-Stokes方程式の数値計算. 日本数学会, 2006年9月21日, 大阪市立大学, 大阪.
  92. 野津裕史, 田端正久. 時間刻み2次精度特性有限要素法とNavier-Stokes方程式. 計算工学講演会, 2006年6月13日, 大阪大学, 吹田.
  93. 野津裕史, 田端正久. Navier-Stokes方程式のための時間刻み2次精度特性有限要素法のスキームと合法キャビティ流れの数値計算. 九州大学数値解析セミナー, 2006年6月6日, 九州大学, 福岡.
  94. 野津裕史, 田端正久. Navier-Stokes方程式のための時間刻み2次精度特性有限要素法とその応用. 日本数学会, 2006年3月28日, 中央大学, 東京.
  95. 野津裕史, 田端正久. Navier-Stokes方程式のための多段法を用いた時間刻み2次精度特性有限要素法. 応用数理学会研究部会連合発表会, 2006年3月5日, 早稲田大学, 東京.
  96. 野津裕史, 田端正久. Navier-Stokes 方程式に対する特性有限要素法 -時間刻み1次と2次精度の比較-. 数値流体力学シンポジウム, 2005年12月14日, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 東京.
  97. H. Notsu and M. Tabata. A second order characteristic finite element scheme for the Navier-Stokes equations. Workshop on Numerical Analysis of Flow Problems and Validated Computations, November 20, 2005, Nagasaki Washington Hotel, Nagasaki.
  98. 野津裕史, 田端正久. Navier-Stokes方程式のための時間刻み2次精度特性有限要素法の開発. 日本数学会, 2005年9月21日, 岡山大学, 岡山.
  99. 野津裕史, 田端正久. Navier-Stokes方程式のための時間刻み2次精度特性有限要素法. 九州大学数値解析セミナー, 2005年7月26日, 九州大学, 福岡.
  100. 田端正久, 野津裕史. 特性曲線差分法の安定性. RIMS研究集会「21世紀における数値解析の新展開」, 2004年11月30日, 京都大学, 京都.
  101. 田端正久, 野津裕史. 特性曲線差分法の安定性解析. 九州大学数値解析セミナー, 2004年10月19日, 九州大学, 福岡.
  102. M. Kimura, H. Notsu. Error Analysis for a level set method. 応用数学合同研究集会, 1999年12月, 龍谷大学, 大津.
  103. 木村正人, 野津裕史. A level set method for the Stefan problem. 応用数学合同研究集会, 1998年12月, 龍谷大学, 大津.