開催趣旨

 エネルギーが熱的に消散しない物理系では,変分原理による発展方程式の定式化はよく確立している.また,粘(弾)性,塑性あるいはジュール発熱等の散逸的な効果がある系でも,対象とする系を適当なクラスに限定することで,変分原理による定式化が可能であり,かつ,理論的研究に広く用いられている.しかし,散逸系の変分原理の具体的な形式や基礎付けは,研究対象・分野ごとに大きく異なっている.種々の散逸系の変分原理の相互関係(全く無関係という事も含め)を把握し,その全体像を見渡す事は容易ではない.
 本講演会では,ソフトマター物理学および固体力学という異なった二つの分野  −学問的には交差部分を持ちつつも,異なったコミュニティにおいて研究されている−  において,各々,散逸系の変分原理を縦横に用いて研究をされてこられた2人の講師に,その本質をじっくりと解説していただく.


日程


  • 日 時

    開 始:2020年3月23日(月)10:00
    終 了:2020年3月24日(火)16:00

  • 場 所

    1日目:金沢大学サテライトプラザ2階講義室
       (〒920-0913 金沢市西町三番丁16番地)

    2日目:しいのき迎賓館ガーデンルームA
       (〒920-0962 金沢市広坂2丁目1−1号)


講師


  • 土井正男 先生(北京航空航天大学)
    「オンサガー原理とその応用」

  • 志澤一之 先生(慶応義塾大学)
    「塑性における最大散逸とエントロピー生成極小について」


プログラム


  • 1日目(3月23日)

    • 土井正男 先生(北京航空航天大学)
      「オンサガー原理とその応用」

      10:00〜15:00 講義(昼休み・小休止含む)
      15:30〜18:00 フリーディスカッション


  • 2日目(3月24日)

    • 志澤一之 先生(慶応義塾大学)
      「塑性における最大散逸とエントロピー生成極小について」

      10:00〜15:00 講義(昼休み・小休止含む)
      15:30〜17:00 フリーディスカッション


 後援



 幹事